初心者必見!今さら聞けないホームページ制作方法-最新版

ネットワーク

ネットワーク

あなたが今読んでいるのが「ホームページ」なのです このページをお読みになっている方は、おそらく、 「ホームページはどのように作るのか?」 という疑問を持っているかと思われます。

そのような方々に向け、ホームページはどのように作られるのかの解説をするために、このホームページを作りました。 そう、あなたが見ているものが、「ホームページ」なのです。 インターネットの環境は、 「日々」 と表現してよいくらいに著しく変化しています。

ホームページを取り巻く環境も例外ではなく、毎年のように新しい技術が使えるようになり、それをいち早く取り入れたところは、多数存在し、2013年現在でのホームページ作成技法では内容的に追い付けないところも発生しているくらいです。
このホームページでは、更に新しい、 「2014年にふさわしい」 内容を含んだ入門のための情報をお届けすることを、筆者は考えています。

初心者必見!ホームページ制作方法-最新版

早速「ホームページはどうやって作るのでしょうか?」の質問にお答えしましょう。
ホームページはパソコン1台あれば作ることができます。
……と、書いてあるホームページ入門の書籍は数多くありますが、これは、筆者に言わせれば、 「半分当たっていて半分はずれている」 ようなところがあります。
あなたがご覧になっているこのホームページ同様、これからあなたが作るホームページも、他の人が見ることによって価値が高くなるものなので、インターネットを通じて見ることができる手段を持たなければなりません。
そして、パソコン1台とはいえ、本体だけでできることは限られていて、多くの場合、別にソフトを購入し、その助けを借りることになるので、ホームページを作るための最初に投資するお金を必要としないという、誤解を招く記述も見られます。

さて、ホームページを作る方法は、大きくわけて5つ。
初心者必見!ホームページ制作方法-最新版
「メモ帳で書く」
「ブログサービスを利用する」
「ソフトを使う」
「フレームワークを利用する」
「CMSを利用する」 今のところこれらの方法があります。

それぞれの方法には一長一短があるので、個別に説明しましょう 。

「メモ帳で書く」

ホームページを作るパソコンがWindowsでもMacintoshでもLinuxでも、「メモ帳」というアプリケーションがあらかじめ使えるようになっています。正確には「テキストエディタ」といいますが、これを使うことで、シンプルなホームページであれば作ることが可能です。ただし、あくまでも、ホームページの作成に使えるという機能に限られ、これをインターネット上に後悔するためには「FTPクライアント」という別のソフトが必要になります。また作ったホームページをインターネットで見せるための環境やサービスは含まれていないので、作った人自ら探す必要があるのも問題点。他の作り方と組み合わせて使うのがよいでしょう。

「ブログサービスを利用する」

インターネット上で提供されている無料ブログサービスを利用し、ホームページとして公開する方法です。基本的なホームページの作り方を理解するよりも簡単に、文字のサイズや色、時には写真画像などを表示する機能を備えたサービスが大半です。基本的に日記のような形での表示になるので、統計表などを組み込むためには、もっと技術が必要です。また、無料で利用した場合、意図しない広告が表示されるところが多く、これを表示させないために、利用者から料金を徴収するサービスが提供されているのが一般的です。

「ソフトを使う」

パソコンショップのソフトのコーナーを見れば、ホームページ作成のためのソフトが店頭に並んでいるのを見かけるでしょう。これを利用することで、かなり高度なホームページが作れるようになります。ジャストシステムという会社が発売している「ホームページビルダー」、アドビが発売している「DreamWever」が代表的で、関連書籍も数多く出回っています。また、これらのソフトにはホームページを公開するための機能も含まれていてひとつのソフトで、ホームページ作りに関するすべてをカバーしています。ただし、インターネット上に後悔するための場所、「Webサーバ」までは含まれていないため、別に契約する必要があります。また、ホームページを作り始める段階でソフト購入のためのお金も必要になります。

「フレームワークを利用する」

ホームページをゼロから作るのではなく、よく使われる機能やレイアウトがインターネット上で提供されていることがあります。これが「フレームワーク」、作る人は文章の内容を考えるのが主な仕事になり、レイアウトはフレームワークで提供されるものを利用します。比較的少ない作業量で見た目美しいホームページにすることができ、画像の作成技術も必要なくかわいいボタンを作れるものも提供されています。現状では、「よく使われる」レイアウトが提供された状態なので、作者の感覚では気に入ったものがないなどの問題が出るでしょう。この技術はまだ発展途上なところがあり、たとえばスマートフォンで見ることに特化したフレームワークが後悔されるなど、詳細さらに使いやすくなることが期待されます。

「CMSを利用する」

これは、ブログサービスと同じようなホームページ作成方法ですが、とある企業が提供しているホームページを作る機能まで、作る人自らで管理するサービスまで一括で後悔するものです。
CMSとは「コンテンツマネージメントシステム」の略語で、代表的なものには、「WordPress」があります。これを使うことで、デザインも内容も、さらには検索エンジン対策まで、作り手が自由自在に扱うことができるようになります。
だたし、自由自在になるということは、その分技術的に高度な、そしてホームページを見えるようにするだけではなく、たくさんの勉強をしなければならないということです。初めてのホームページ作成であれば、ゼロから使うには荷が重いと思われます。その分、能力を発揮させれば大きな効果が表れるというのもCMSを扱う醍醐味になるでしょう。
ちなみにホームページ制作会社では、9割程度の業者がCMSを利用して企業サイトの制作をしています。筆者もWEB屋なのでWordPress又は、baserCMSを利用してカスタマイズし、お客様に制作・納品しています。

まとめ

以上紹介した中で特に重要なのは、 「HTML」 「CSS」等の言語です。(CMSを利用するなら、PHP、MySQL等も必要になってきます。) という言語の取得は必要不可欠です。 これも、今は、 「そういうものなのか」 くらいに、頭の中にとどめておけばいいです。

いずれ、他の人の作ったホームページを見て、そしてホームページの作り方への理解が深まると、絵や写真や動画を人に見せたくなるようになるでしょう。もしも、そうなったときには、画像編集ののため、動画編集のためのソフトを更に使わなければならなくなるでしょう。これらのソフトについても、ホームページを作る方法と同時に触れる予定です。

最初からレベルの高さを求めてはいけません ここまで説明したのは、あくまでも、 「ホームページを作るために最低限必要なこと」 で、世界中にたくさんある、機能的で、デザインが美しく、内容も優れたホームページを作るためのは、まだまだたくさん勉強することがあります。

これを読んでいる人を、 「生まれて初めてホームページを作ろうと思っている」 と想定したら、道具の優劣もホームページの質の差となり、それ以上に、ホームページを作る人間の力量や経験までが、そこに反映されるわけで、その差を埋めるのは決して容易ではないと、正直に書かなければなりません。
そう、ホームページを作るための達人や名人、プロフェッショナルと認められた人が、この世界にはたくさん存在するのです。 見方を変えれば……。
高度な技術と、ある程度の人生経験によって磨かれたセンスが必要となり、それは日頃の取り組み方によってしか身につけることができない、だからプロフェッショナルが存在するのです。 一朝一夕には身につきません。

あなたは、ホームページの作る上で、スタートラインに立っただけのこと、年齢的、環境的にあなたよりも先にスタートを切った人が多かったというだけなので、現時点でホームページの作り方を知らないことを恥じる必要はありません。

ただ、 「見ている人が喜び、作る人が楽しめる」 を、ホームページを作るとき、常に心がけていれば、途中で挫折することも少なくなり、長く続けることができると、これを読む方がたとえ、初めて作る人でなかったとしても、是非心がけていた期待と思っています。 「執着、執念というのが『好きの虫』の住んでるところです」 と、落語家の立川談志さんが語っています。 理想の、あなたのイメージ通りのホームページを作ることができるまでには長い時間がかかるかもしれませんが、まずはものを作ることに楽しみを発見してください。それが、ジャンルを問わず、 「ものに取り組む」 という理想の姿勢なのです。

記事がいいねと思ったらシェア、またはブログ村クリックで応援お願いします!

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

mamp

初心者でも必ずできる!MAMPのWordPress設定・インストール方法、使い方

サーバ画像

WordPress(ワードプレス)や各種CMSの使えるおすすめ無料・有料レンタル...

グーペロゴ

【グーぺ】外国語翻訳機能をホームページに導入しよう-外国人観光客や東京オリンピッ...

ホームページ作成・ホームページ制作サービス「グーペ」レンタル サーバー ワード プレス  ・ドメイン の 取得 方法  ・ワード プレス サーバー 比較  ・ドメイン の 取得  ・ドメイン を 取得  ・ワード プレス レンタル サーバー  ・wordpress テーマ  ・レンタル サーバー wordpress  ・ドメイン 取得 レンタル サーバー  ・ワード プレス サーバー おすすめ  ・wordpress テンプレート  ・wordpress サーバー  ・ワード プレス レンタル サーバー おすすめ  ・個人 ドメイン 取得

デメリットだらけ?ホームページ作成サービス「グーペ」の評判、評価まとめ