Adobe Creative Cloud は月5000円払う価値はあるのか?4ヶ月使ってレビューする

アドビクリエイティブクラウド

Hello! @appproject_ryoです。

やさしくはじめるPhotoshopの学校 CS6/CC対応
やさしくはじめるIllustratorの学校 CS6/CC対応

Adobe Creative Cloudとは何か?

このブログをご覧になっている方はご存知かと思いますが、アドビクリエイティブクラウドはAdobe社が提供するサービスです。

月額5,000円で、Adobeの全ソフトが利用出来ます。

使えるソフト一覧

  • Photoshop® CC
  • Illustrator® CC
  • InDesign® CC
  • Dreamweaver® CC
  • After Effects® CC
  • Adobe® Premiere® Pro CC
  • Adobe Muse™ CC
  • Acrobat® XI Pro
  • Adobe Audition® CC
  • Bridge CC
  • Encore®
  • Fireworks®
  • Flash® Builder® Premium
  • Flash Professional CC
  • InCopy® CC
  • Lightroom®
  • Media Encoder CC
  • Prelude® CC
  • SpeedGrade® CC
  • Edge Animate CC
  • Edge Inspect CC
  • Edge Web Fonts
  • PhoneGap™ Build™
  • Edge Code CC (プレビュー版)
  • Edge Reflow CC(プレビュー版)

以上、全25種のアプリ・ツール・サービスが利用できます。

しかしながら月5000円は年間で支払った場合の金額なので実質60000円支払う訳です。
はたしてこの月5000円は高いのか?安いのか?
バグはないのか?
心配な点が多数あり情報が少なかったため

Adobe Creative Cloud 3ヶ月版 [ダウンロードカード]を購入しましたので、レビューをしたいと思います。

使用レビュー

まず僕が利用するソフトは、
WEBサイト制作で主に使用するのは
Photoshop® CC・Illustrator® CC・Dreamweaver® CC・Fireworks®
趣味ですが簡単なスマホ・iPhoneアプリは
Dreamweaver® CCとPhoneGap™ Build™で連携して制作しています。
とてもじゃないですがすべてのソフトは使いこなせていませんw

使用した感想としては
特にバグもない(あったとしてもAppstoreのようにすぐアップデートしてくれる)
UIも洗練されていて使いやすい。
20GBのクラウドサービスも利用できる。
当たり前ですが、CS5やCS6よりも作業効率もアップしました。

買う価値はあるのか

価格については、月5000円という費用が高いということをよく聞きますが、
アドビ製品で効率的に作業できることや質を見てもなんら高くはないと思います。

また目安としてAdobeCCのソフトを利用して年間6万円以上の仕事を生み出せるなら買いです。
逆に趣味で利用するという方にはあまりお勧めできません。
その場合は廉価版のエレメンツ系をご利用するといいでしょう。

ということで僕は今から年間契約の手続きをしてきますw

みなさんもまずは体験版やもう少し使ってみたいという場合はAdobe Creative Cloud 3ヶ月版などを利用して実際に体験してみましょう!

【追記】年間契約の支払い方法は?

支払い方法はカードのみになります。
カード決済にも二種類あり
一年間の年間契約の時の月々5,000円プランと
月ごとに契約を解除できる月々8,000円月払いプラン
があります。

一年間の年間契約の時の月々5,000円プランでも一括払いではなく毎月5,000円引き落としされます。

いいよ!Adobe Creative Cloud!

ではではー





最後まで読んでくれてありがとうございます。
この記事は随時更新していきます。
参考になったらシェアしてくれると筆者はとても喜びます。
follow us in feedly

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。